Every Breath You Take その2 / The Police

シンクロニシティー
シンクロニシティー
1983年6月25日の全米4位。邦題「見つめていたい」。


今日も「その2」シリーズ。
1988年6月25日の全米4位
20th Century Masters – The Millennium Collection: The Best of the Jets
20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of the Jets
の Make It Real を取り上げて「その2」を回避しても良かったのだけれど、The Jets 自体よく知らないし、それよりも
ラビリンス
ラビリンス
再現という、The Police とはまた違った形での Sting の来日が発表された直後となれば、やはり、Every Breath You Take を選ばざるを得ない。
Every Breath You Take は、The Police の代表曲、そして Sting ソロとしても彼の代表曲であるのは言うまでもない。1983年の夏、リアルタイムで聴いているから、尚のこと The Police = Sting = Every Breath You Take の式が出来上がっている。
今日も「その2」だが、Every Breath You Take を前に取り上げたのは2005年1月13日、Sting 来日公演の直前だった。
ソロとしては3年振りの来日だけど、12月はロックではなくてクラシック・コンサートと考えるべきものだからな…。
Every Breath You Take から大きく外れてしまった。
6月26日追記
ウドーのインターネット先行予約、12月17日・18日の東京・オーチャードホール、20日の大阪・フェスティバルホールが予定枚数終了になった。大阪の分は分からないけれど、東京は各公演1000枚限定と明記している。オーチャードホールのHPを見ると座席数は2150席だから、約半数がウドーのインターネット先行予約で出ている計算になる。
ぴあのプレリザーブが始まったし、他のチケット・エージェントも先行予約が始まっているだろう。となれば、一般販売には殆ど出ない可能性が高い !? 恐るべし Sting。
サウンドメイトで取るつもりだが、相当なリダイアルを覚悟せねば。

コメント

タイトルとURLをコピーしました