BEST OF その5 / Def Leppard

ベスト デラックス・エディション(初回限定盤)
ベスト デラックス・エディション(初回限定盤)
4年前の11月10日に発売された Def Leppard のベスト盤。


早いもので、BEST OF 日本盤発売4周年 = このブログも4周年を迎えた(ー昨年と同じ書き出し)。
4年前の11月といえば、
X
X
ツアーから2年が経ち、VAULT 焼き直しヴァージョンとはいえ Waterloo Sunset の収録されたこの BEST OF の発売に喜々としていたことを思い出す。
その後
Rock of Ages: The Definitive Collection
Rock of Ages: The Definitive Collection
Yeah!~イェーイ!
Yeah!~イェーイ!
とリリースされ、北米ツアーが行われたものの来日しなくてがっかりしたのも遠い話ではなかった。
そして2008年、待望のオリジナル・アルバム
ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ
ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ
を発表し、その半年後には来日公演も果たした。
振り返ってみれば、2004年 BEST OF (UK・日本)、2005年 ROCK OF AGES (北米)、2006年 YEAH!、とコンスタントに CD を出していたのだが、何せベスト盤にカヴァー・アルバム、Def Leppard は本当に大丈夫なのかとやきもきしていたが…。
そんな心配も SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE のリリースで吹き飛び、そして今も現役のライヴ・バンドであることを、この来日公演で見せつけてくれた。
THAT WAS THEN
THIS IS NOW
ライヴのオープニングを飾った、懐かしい過去の映像の後に表示されたフレーズ。(英辞郎では、あれはあの時、今はこれ/昔は昔、今は今 と訳している)。
Def Leppard は決して過去のバンドではない。現在も進化し続けている。(後は健康管理か。特に Joe)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました