Comin' Down Tonight / 38 Special

Rock & Roll Strategy
Rock & Roll Strategy
1989年7月8日の全米72位。


本来なら37位 Winger の Headed For A Heartbreak なのだが、2008年8月19日に記事にしているので、今回は見送り。(あの頃は Def Leppard & Whitesnake ジョイント・ライヴで浮かれていたっけ)。
代わりの曲をとチャートを見ていたら、THIRTY EIGHT SPECIAL の文字が。
フルスペルで書かれると、一瞬、何だか分からなくなる。
熱心な 38 Special ファンだけど、Second Chance 以降となると正直分からない。一応 ROCK & ROLL STRATEGY は持っているものの、ろくすっぽ聴いていない。
Comin’ Down Tonight が全米最高位67位に終わったからなのか、Don Barnes 不在時の曲だからなのか
Anthology
Anthology
に収録されておらず、バンド側も無かったことにしているようにも思える。(1991年に全米最高位33位を記録した The Sound Of Your Voice は収録しているけれど)。
iTunes に取り込ませている曲を聴いてみた。
イントロのギターはかつての 38 Special らしさが滲み出ているが、曲が軽いというか、時代に合わせようとしすぎているというか。1980年代前半の、南部の雰囲気を残しつつポップにした、38 Special 独特の味が損なわれている。
Second Chance が売れていなかったら、Don Barnes 不在期ということで綺麗に時代分けが出来たのに、バンド最大のヒットが Second Chance だから難しいところ。
ベスト盤コレクション / 38 SPECIAL

コメント

タイトルとURLをコピーしました