Don't Let Him Know / Prism

Small Change
Small Change
1982年3月27日の全米50位。


本来なら14位 Rick Springfield の Don’t Talk To Strangers なのだが、2008年5月15日に記事にしているのと、チャートを見ていたら Prism が目に入ったのでそちらを選んだ。
Prism は1970年代半ばにカナダで結成され、1980年代半ばの活動停止期間を挟んで現在まで活動しているバンドで、かつては Jim Vallance が在籍していた。
リアルタイムでの記憶は無いけれど、バンド名だけは記憶の片隅に引っかかっていたようで、先日、Bryan Adams 繋がりで Jim Vallance について Wikipedia を見ていた時に Prism に興味が湧き、HMV でバーゲン価格の
The Best of Prism
The Best of Prism
を買ったばかりでタイミングが良い。
Don’t Let Him Know は前述の Bryan Adams と Jim Vallance による作品で、全米最高位39位となった Prism 唯一のTop 40 ヒットだった。(残念ながらベスト盤にはクレジットがない。
Joel Whitburn Presents the Billboard Hot 100 Charts: The 8OS (Record Research Series)
Joel Whitburn Presents the Billboard Hot 100 Charts: The 8OS (Record Research Series)
には B. Adams, J. Wallance の記載あり)。
いかにも1980年代といった、産業ロック的なサウンドが懐かしい。
Prism 自体は大成功を収めた訳ではないけれど、Bryan Adams & Jim Vallance という、その後のミュージック・シーンで大活躍するソングライター・コンビが登場するという意味で重要なバンドだ。
Wikipedia を見ると、
ゲット・ラッキー(紙ジャケット仕様)
ゲット・ラッキー(紙ジャケット仕様)

ワイルド・イン・ザ・ストリーツ
ワイルド・イン・ザ・ストリーツ
などヒット・アルバムの数々をプロデュースした Bruce Fairbairn も Prism に在籍していた。
洋楽関連で知らないことはまだまだ多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました