Don't Run My Life / Spys

Spys/Behind Enemy Lines
Spys/Behind Enemy Lines
1982年8月14日の全米88位。


本来なら24位 Men At Work の Who Can It Be Now なのだが、2009年8月28日に「その2」を書いているので、今回は見送りとした。
代わりの曲をとこれまで取り上げたことのないアーティストの曲を探してみたら、88位の Spys というバンドが目に入った。
果てさて、どのようなバンドかと Wikipedia を当たってみても項目がヒットしない。
幸い日本のアマゾンにもカタログがあり、レビューを見ると元 Foreigner のメンバーが参加したバンドだそうな。
Joel Whitburn’s Top Pop Singles 1955-2006 (Joel Whitburn’s Top Pop Singles (Cumulative))
Joel Whitburn's Top Pop Singles 1955-2006 (Joel Whitburn's Top Pop Singles (Cumulative))
を見ると、Ed Gagliardi と Al Greenwood は元フォリナー書いてあった。
栄光の旅立ち(紙ジャケット仕様)
栄光の旅立ち(紙ジャケット仕様)
から参加していたけれど、1980年までには脱退しており、その後1981年に Spys を結成している。
ネットを検索してみると、さすがにプロモーション・ビデオは無かったけれど、音をアップしたものが見つかった。


爽やかなアメリカン・ロック(Ed Gagliardi と Al Greenwood はアメリカ人)で聞きやすいが、全米最高位85位に終わっていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました