函館の女 / 北島三郎

函館の女
函館の女

昭和40年のヒット曲。

昨日が Def Leppard の Sav だったので、今日は日本の演歌界の大御所「サブちゃん」北島三郎の曲を。
実のところ、今日・明日の予定で遠路はるばる函館観光に来ている。
飛行機を降り立った時、空港は粉雪降る天気。やはり、冬の北海道。道南とはいえ、非常に寒い(今日は真冬日だった)。
目的の五稜郭タワーに登り、雪景色の五稜郭のあまりの美しさに感激する。これだけでも、やって来た甲斐があった。五稜郭まで来たからにはと、六花亭の喫茶室に出向く。ホームページに載っていたクリスマス・ケーキお試しセットを楽しみにしていたのだが、残念ながら店に行った時間が遅く売り切れていた。今度、何時12月の北海道に行くのか分からないというのに。
気を取り直して函館山へ夜景を見に行く。市電の乗り場からロープウェイ乗り場まで、雪の坂道を登る。日も暮れた頃、坂道を登る観光客も少ないなと思いつつ乗り場にたどり着くと、そこでは団体客がひしめき合っていた!それも中国語が飛び交っている!! 国際観光都市、函館である。
山頂に到着した時は、そこそこ夜景も見えていたのだが、屋外の展望台に上がると雪のため視界が悪く見えない。一旦屋内に引き上げ、しばしみやげ物を物色した後に再度展望台に上る。今度は綺麗な夜景が眼下に広がっていた。たった数分なのに、天気に翻弄されている。
山を下り、今度は巨大クリスマス・ツリーを見に行く。ツリーは綺麗だったけれど、イルミネーションに彩られた店に入ることなくその場を後にした。
明日は異国情緒あふれる街並みを堪能したいものだが、天気がどうなることやら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました