HEROS / selected by Brian May

ヒーローズ
ヒーローズ

EMI とユニバーサルによるコンピレーション・アルバム。選曲は、大御所ロック・ギタリスト Brian May。

昨日の記事は Queen のBrian May の話題で終わった。
Brian May ということで思い出されたのが、このアルバム。Brian May 大先生による、1950年代から90年代のアーティスト達の代表曲を集めた、コンピレーション。長年ロック界に君臨されます Brian May、選曲の幅が広い、広い。英米、新旧問わず、各アーティスト達の代表曲を集めている。
収録アーティスト(収録曲)
Queen (Tie Your Mother Down), Derek And The Dominos (Layla), Steppenwolf (Born To Be Wild), Deep Purple (Smoke On THe Water), RUN-D.M.C featuring Aerosmith (Walk This Way), T-Rex (20th Century Boy), The Knack (My Sharona), Rainbow (Since You’ve Been Gone), Chuck Berry (Johnny B. Goode), Foo Fighters(Monkey Wrench), Eddie Cochran (C’mon Everybody), Free (All Right Now), Peter Frampton (Show Me The Way), Bryan Adams (Run To You), Blur (Song 2), Paul McCartney (All Shook Up), David Bowie (Rebel Rebel), Dire Straits (Sultans Of Swing), Asia (Don’t Cry), Grand Funk Railroad (Heartbreaker), Ray Davies (You Really Got Me)
Jimi Hendrix Experience (Voodoo Child), The Who (My Generation), Jeff Beck (Hi Ho Silver Lining), Cream (Crossroads), Motorhead (Ace Of Spades), Black Sabbath (Paranoid), Yngwie Malmsteen, (Far Beyond The Sun) The Michael Schenker Group (Armed And Ready), Gary Moo (Still Got The Blues)r, Iron Maiden (Run To The Hills), Whitesnake (Fool For Your Loving), UFO (Lights Out), Scorpions (Rock You Like A Hurricane), Night Ranger (Don’t Tell Me You Love Me), Sammy Hagar (I Can’t Drive 55), Def Leppard (Animal), Billi Idol (Rebel Yell), Thin Lizzy (The Boys Are Back In Town) そして Queen (Bohemian Rhapsody)
この1枚を確実に押さえれば、にわかロック・ファンでも十分ロック通になれる。それくらい、基本中の基本アーティストに、代表曲が収録されている。
それにしても、EMI とユニバーサルだけで、これだけのアーティストが集まることにも感心してしまう。(それだけ、レコード会社が合併していき、大手だけが残った、ということ。ユニバーサルに入ったレーベルは、いくつくらいあるのだろう?補足として、米Capital は英EMI の子会社。)あれ?Bon Jovi が無い。PolyGram (現在はユニバーサル)なのに。Van Halen はレーベル違い(ワーナー)だから無理ね。(Sammy Hagar のソロはこのアルバムに収録されているけれど。)
それはそうと、Def Leppard の解説、彼らのデビューは’72年ではありません。アルバム・デビューは’80年。元MUSIC LIFE 編集長の東郷かおる子さんらしくないミス。(Lepps ファンとしては、こだわる。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました