I Can't Go For That / Daryl Hall & John Oates

プライベート・アイズ
プライベート・アイズ
1982年3月13日の全米20位。


Hall & Oates って、ついこの間も書いたような気がするのだが…。
1980年代の最強デュオが途切れることなくヒット・チャートに登場していた、ということの表れなのだろうけれど、苦手なアーティストだから書きにくい。
後追いとはいえ、 I Can’t Go For That はしっかり覚えている。というか、この曲を聴いて Hall & Oates が嫌いになったのだから、忘れようもない。(でも、I Can’t Go For That の後の Did It In A Minute は好き)。
1982年3月13日付けのチャートでは、I Can’t Go For That に100万枚の売り上げを示す●がついている。シングルで100万枚のセールスはそうそうあるものではない。
同日のチャートには200万枚の売り上げを示す▲をつけた超メガ・ヒット曲 Physical
フィジカル(虹色の扉)
フィジカル(虹色の扉)
も46位にランク・インしているけれど、この Physical の連続 No.1 を阻止したのが I Can’t Go For That だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました