Jack & Diane / John Cougar


American Fool
American Fool
(写真はアメリカ盤のもの)
1982年秋の全米 No.1 大ヒット曲。
本名の John Mellencamp の方が断然有名なのだが、1982年当時は John Cougar を名乗っていたのでタイトルの表記も Cougar にした。


阪神タイガースがリーグ優勝を果たした。
関西のテレビ局はこぞって特番を組んでいる。今夜は夜更けまで優勝を祝う、という人も多いだろう。あれは20年前の優勝の時、トラキチの一人が翌日学校に現れなかった(普段はまじめに出席する生徒)。出欠を取っていた担任が「どうしたのでしょうね?」と心配すると、周りから「阪神ファン」の声。担任は「あっ、そう」の一言で片付けてしまったという、非常にのんびりした出来事もあった。今年は甲子園での優勝決定だから、今日から休んで応援している熱烈なファンもいるかも知れない。
阪神優勝の夜に何故 John Cougar の Jack & Diane を選んだか?Jack & Diane の開始から1分7-8秒のあたりが「阪神一位」に聞こえる、ただそれだけの理由。歌詞は behind a shady tree になのだけれど、何回聴いても behind が聞き取れない。一度空耳に聞こえてしまうと修正は難しい上に、John の歌い方なのか何なのか分からないが「阪神一位」に聞こえてしまう。
ちなみに、私はとりわけ阪神のファンという訳ではない。セ・リーグなら阪神という程度。昔は消滅してしまったパ・リーグの某チームを応援していた。(この20年に、関西のパ・リーグ球団はほぼ絶滅した)。
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ

の日本語のライナー・ノーツを見ていたら、Jack& Diane に Mick Ronson が参加していたと書いてあった。英文ライナーの方を確認すると、確かにギターとバック・ボーカルに Mick Ronson の名前がクレジットされている。ストレートなアメリカン・ロックの John Cougar と グラム・ロックの Mick Ronson とは意外な組み合わせだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました