LOOSE IN THE WORLD / Sneaker

Loose In The World
Loose In The World

1982年にリリースされた Sneaker の 2nd アルバム。

日本のアマゾンや HMV に在庫がないため、アメリカの Amazon.com で注文する羽目になったこの CD、何時まで経っても届かない。昨年11月に注文し、2,3日で発送完了メールは来た。当初、12月中旬に到着予定となっていたのだが、程なくして到着予定日変更メールが Amazon.com から来た。クリスマス・ギフト扱いではないため、12月23日から1月27日の間にお届け予定 !?船便扱い?今まで何回か Amazon.com で注文したことがあるけれど、いつも値段の安い Standrad International Shipping で3週間以内には届いていたというのに、2ヶ月もみておかねばならないとのこと。恐るべしクリスマス・シーズン、荷物が多いから仕方が無いかとその時は思っていた。
時は流れて、2006年2月になる。お届け予定日を過ぎても、音沙汰なし。あまりにも遅いので、昨日、「まだ来ない」と Amazon.com に連絡した。参考までに手順:Help>Shipping & Delivery>Where’s My Stuff? を見て、そのページの右にある Contact Us の Contact Customer Service by e-mail. からメール・フォームに入る。Select a subject for your e-mail で項目をプルダウンから選び(My Stuff Shipped., Where Is It?)、Selected Items: で該当注文をクリック、最後に Add Comments のところに「注文した CD をまだ受け取っていない」と英文で書いて送信。すると、メール送信から1時間以内に Amazon.com から返事が到着した。アメリカ・西海岸はまだ早朝の時間帯なのに、もの凄く早くて驚いた。ごめんなさい、荷物は紛失したのでしょう。対応方法を列記しますから、選んでください、という内容が記された長文メールだった。前の注文は返金処理をするで新たな注文(再送注文)扱いになるが、送料無料で再送するとのことなので、再送を依頼する。詳細を見たら、Standard より早い Expedited International Shipping 扱いになっていた。こういったトラブルは数多いのだろう。長文お詫びメールといい、対応の早さといい、流石にクレーム対策がきっちり出来ている。
海外の複数のオンライン・ショップから度々 CD や DVD を購入しているけれど、配送途中での紛失は今回が初めてだった。よりによって入手が難しい CD が遭遇するとは、なんというめぐり合わせ。再送分は無事に届きますように。(在庫、大丈夫なのだろうか?)
今回の教訓:注文はクリスマス・シーズンを避けること。貴重盤は送料が高くなってもトラッキング可能な配達方法にすること。何らかのトラブルはショップに連絡してみること(たいてい FAQ や問い合わせフォームがある)。
試しに日本のアマゾンで Sneaker の LOOSE IN THE WORLD を検索したら、何と,、在庫あり24時間以内の発送になっている !!!!! 一体、どうして ???? 何処から出てくるの ???? 日本で見つからなかったから海外に注文したのに。割高な買い物になったけれど、いい経験をしたと思っておこう。

コメント

  1. つかけん より:

    いよいよですね。>『Loose In The World』
    申し訳ないのだけど、実は今しがた聴き返してたりしましたそれ。ぐふふ。白まねきねこさんの記事を拝読したら私の中の何かが騒いだもんで(←言い訳になってない)。っても、カセットから落としたCDRなんですけどね。で、耳を引っ張るのはやっぱりインスト「Pour It Out」なんです。3回もリピートしてしまいました。スタジオで演奏しているメンバー達が互いにアイコンタクトをとりながら笑顔、笑顔、な光景が目に浮かぶようです。いいなぁこの疾走感。
    この曲に限るなら、連想させるのが全盛期のスクエアやカシオペアといった日本の面々ですね。そもそも私の軸足は80年代に入るとロックだのニューウェーヴだのAORだのからいわゆるフュージョンに移されていました。後で思いっきり後悔しましたけど。ふは。The PoliceもVan HalenもHall&Oatesも知らずにいたのだから。…という訳で私の80s場所には横綱をPrinceが張り、両大関をXTCとThe Policeが固め、関脇以下にVan Halen、Robert Palmer、Hall&Oates、Thomas Dolby、Stevie Ray Vaughan、Elvis Costello、Guns N'Roses、Terence Trent D'arby、Peter Gabrielなどがひしめくことになる。というのも後の話…。っと、どんどん逸れてきました話題が。すみましぇん。
    そういえばPeter Gabrielが久しぶりにTVに出てましたね。でも、あんな場所で「Imagine」を歌ってほしくはなかったな。>トリノ・オリンピック開会式

  2. つかけんさん、コメントありがとうございます。
    Amazon.com から、注文の商品を発送しましたというメールは来ました。後は、無事に日本に届くことを祈るばかりです。
    私もトリノ・オリンピックの開会式見ました。オノ・ヨーコのメッセージは良いとして、どうして Peter Gabriel が Imagine 歌うの?と思いながら見ていました。イタリア人の歌手が歌ってもいいと思うのですが、何か理由があったのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました