Lovin’ Every Minute Of It / Loverboy

ザ・ベスト・オヴ・ラヴァーボーイ
ザ・ベスト・オヴ・ラヴァーボーイ

1985年11月全米9位となった Loverboy 最大のヒット曲。


Live 8 Toronto の DVD にはカナダ出身のアーティストが多く収録されているけれど、Loverboy もカナダから世界に飛び出したロック・バンドの一つ。丁度20年前の今頃、Loverboy のこの曲は彼らにとって初の全米 Top 10 となった(1983年の Hot Girls In Love は11位止まり)。
Loverboy のヒット曲はメンバーの Mike Reno もしくは Paul Dean が関っているのだが、この Lovin’ Every Minute Of It だけは別で、Def Leppard ファンにはお馴染み Robert John “Mutt” Lange の手による楽曲である。1980年代前半にヒットしたスピード感あふれる軽快なロックとは違い、インパクトあるビートが効いたミディアム・テンポ・ナンバーで、当時、私はこれが Loverboy ?と思ったものだった。しかし、一度聴いたら忘れられない曲であるところは、流石、”Mutt” Lange の作品。
この頃 Loverboy の話を聞かないので試しに検索したところ、ちゃんと Official HP があり、結成25周年ツアーを行っている。日本では完全に過去のバンドになっているけど、カナダやアメリカでは活躍しているようだ。やはり20年の歳月は長い。

コメント

  1. すりぴへ より:

    知りませんでした!
    このバンドで知っている曲は、唯一
    「それ行け!ウィークエンド!!」
    のみでした・・・。(大好きです。)
    ジョンマットラングさんは本当に優秀ですねえ!
    興味あるので、アマゾンに行ってみよう(笑

  2. スリピヘさん、コメントありがとうございます。
    Robert John "Mutt" Lange はプロデューサーとして有名ですけれど、単独で楽曲提供もしています。私の知っている範囲では Huey Lewis & The News の Do You Believe In Love や Heart の All I Wanna Do Is Make Love To You も "Mutt" Lange の曲です。本当に優れたヒット・メイカーですね。

タイトルとURLをコピーしました