Photograph / Santana Featuring Chris Daughtry

ギター・へヴン
ギター・へヴン
大御所 Carlos Santana のクラシック・ロック・カヴァー・アルバム。


今日は Def Leppard のドラマー、Rick Allen 様の birthday!!
Def Leppard に関する最近の話題は、NHK 総合・木曜日の深夜に放映されている「洋楽倶楽部80’s」10月14日の放送で Photograph のプロモーション・ビデオが流れたこと。テーマが Heavy Metal 80’s で伊藤政則氏が出演だから Def Leppard はあまり期待していなかったのだが、いきなり Photograph のビデオが NHK の地上波に登場したのだから、眠気が完全に吹っ飛んでしまった。
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/music/20101014.html
イギリスの Heavy Metal 系だけを考えれば(セーソクさんだし)
鋼鉄の処女
鋼鉄の処女
が先に出てきてもおかしくはないのだろうが、アメリカで HR/HM 勢がブレイクするきっかけを作ったのが Def Leppard なので(Photograph は全米最高位12位止まりだったけれど、PYROMANIA が売れに売れた)、1980年代の HR/HM を語る上で最初に Photograph を持ってきたのは順当な話だろう。
その Photograph を Carlos Santana がカヴァーすると、こう↓
http://www.youtube.com/watch?v=-5BYjK6PCnc
なった。
イントロのリフのコード・カッティングがオリジナルと違い EEEBB から EEBBB になっているのが少々変な感じがするけれど、本家のライヴもいつの頃からか頭から EEBBB なので、最新ヴァージョンをコピーしたものと理解しておこう。
Santana の手でラテン・フレーバーを味付けされた Photograph は意外に良い。
本家がフェード・アウトなので、アウトロがきっちり収録されているのが新鮮だったりする。
ヴォーカルは、アメリカン・アイドルから世に出た
ドートリー
ドートリー
歌が上手く、安心して聴くことができる。
俺様の劣化は別にして、Carlos Santana ばりに60代になってもバンド Def Leppard として Photograph を進化させてほしい。(あと10数年後か)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました