ROCK OF AGES THE DEFINITIVE COLLECTION その2 / Def Leppard

Rock of Ages: The Definitive Collection
Rock of Ages: The Definitive Collection

2005年11月15日にアメリカで発売された DVD。
NTSC・リージョン1なので日本の DVD プレーヤーで観ることは出来ない。


アマゾンで注文しておいた Def Leppard のDVD、 ROCK OF AGES がようやく届いた。
パッケージを見るとNTSC・リージョン1としっかり記載されているので、リージョン1専用にしたサブのノート・パソコンで観ることにした。
この DVD を購入した目的はただ一つ、ボーナス映像として収録されている No Matter What のリハーサル風景なので、先ずはこの曲から観ることにした。
何処かのスタジオで行われた、ツアー前のリハーサル風景。演奏するメンバー達をカラーとモノクロ映像で映し出している。画面の切り替えが早すぎて少々慌しい感じがするのが惜しい。リハーサルでも Phil は上半身裸(ライブだけではないのか)。Joe の歌うマイク周辺にコーラス隊の3人が集まり、1本のマイクで4人が歌う姿も映し出されていたが、これがまた Def Leppard らしくて良い(Sav マイクから遠すぎ)。
と、No Matter What を観て満足していたのだけれど、Bonus Material のところに Band Commentary と記載されていたので、試しに Band Commentary を On にして再び No Matter What を観てみた。すると、ビデオにかぶさってメンバーのコメント音声が流れてくる。曲の一部ではなく、全編にわたってコメントを入れている。これでツアー前のリハーサルの様子が分かるだろう、やら、(No Matter What が)バッド・フィンガーの曲で自分達が影響を受けた1970年代の曲をカヴァーしたアルバムに収録される曲の一つ(何時カヴァー・アルバムはリリースされるのやら)、だとか、ギター・ソロの時はしゃべらないで、と Viv が言っていたり、ビデオを見ながら和気藹々とコメントしている。音声だけで字幕無しなのが辛い。
No Matter What 以外のビデオを3曲程この設定で観たところ、全ての曲に全編コメントが入っていた。コメントを聞き取ろうとするには、時間のあるときに繰り返し観ないと、いや聴かないといけない。これば良いビデオだった、やら、このビデオを撮っていたとき Steve が風邪引いていた、やら、この女性は誰それの彼女だ、やら、豊富な裏話を聞かないのは勿体無い。(悲しいかな、半分程度しか聞き取れない)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました