Second Chance その3 / 38 Special

The Very Best of the A&M Years (1977-1988)
The Very Best of the A&M Years (1977-1988)
1989年4月22日の全米10位。


昨年の今頃も記事にしているけれど(2008年4月15日)、38 Special はめったに登場しないので今年も Second Chance を取り上げる。
それにしても、38 Special の話題が無い。
新作が出るという話は聞かないし、当然ながら来日しそうにない。
Tour de Force
Tour de Force
からヒット曲が続けて出て、1984年に最初で最後の来日公演を行ってから四半世紀が経とうとしている。
大阪公演を行ったフェスティバル・ホールは昨年閉館した…。
Official site (http://www.38special.com/)を見ると、全米ツアー真っ最中で、5月から7月にかけては、
グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ
エッセンシャル・REOスピードワゴン
エッセンシャル・REOスピードワゴン
とのツアーを予定している。
ん? Styx と REO Speedwagon って、確か Def Leppard と一緒に回っていたこともあったっけ。(Journey や Cheap Trick とも回っていたし、Def Leppard はどれだけアメリカのバンドと馴染んでいるんや。あ、だからカントリーとも相性が良いのか)。
まとめて3バンドとは言わない、Styx (今年はアカデミー賞で受けた)か REO Speedwagon(昨年
涙の道標(DVD付)
涙の道標(DVD付)
日本盤がリリースされた)、いや、理想は
レーナード・スキナード・ゴールド
レーナード・スキナード・ゴールド
とのカップリング。
何時の日か二度目の来日公演を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました