Still They Ride / Journey

エスケイプ
Escape
邦題「時の流れに」、アルバム Escape 収録。

阪神大震災から、10年になる。当時、仕事の関係で兵庫県の西の方に住んでいたので、地震の直接的な被害には遭っていない。
1995年1月17日、3連休も終わって日常の業務に戻ろうかという日の明け方、地鳴りのような音で目を覚まし、その後揺れを感じた。(震度4だった。)地震か、震源地はどこか、とテレビをつけ、各地の震度が判明するなか、神戸の震度はなかなか表示されなかった。しばらくして、今まで見たことのない、神戸震度7の表示。次第に被害状況が判明するにつれ、その被害の甚大さに、ただ驚くばかりであった。阪神高速道路橋脚の倒壊、先が崩壊して道が無くなった高速道路の断端にかろうじて止まったバス、神戸市街に多数立ち昇る火の手。忘れることの出来ない映像である。
「時の流れに」という邦題で、今日はこの Still They Ride を選んだ。歌詞に、「この古い街も、前と同じではない」というフレーズがある。神戸の繁華街も、震災の面影が薄くなった。神戸だけではない。IT時代の、もの凄く速い時の流れに、どこの街も姿を変えつつある。
次の10年、どのようになっているのか、楽しみでもあり、不安でもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました