While You See A Chance / Steve Winwood

アーク・オブ・ア・ダイバー
アーク・オブ・ア・ダイバー
1981年4月18日に全米最高位7位を記録した曲。邦題「ユー・シー・ア・チャンス」。


本来なら
ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン
ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン
を先に出すべきなのだろうけれど、初めて Steve Winwood の曲をライヴで聴いたので、あえて1980年代のヒット曲をタイトルに持ってきた。
全国縦断 Eric Clapton & Steve Winwood ジャパン・ツアー、11月21日は大阪城ホール。
予習は
ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン(Blu-Ray)
ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン(Blu-Ray)
を1回見ただけ、という状態で会場へ。
ウドーのサイトには11月17日の札幌公演でのセットリストがアップされていたけれど、ろくに見ていなかったので、Steve Winwood lのソロ作品が始まった時には本当に驚いてしまった。(そして会場の空気の引き具合にも… オーディエンスは Eric Clapton 目当て >>>>> Steve Winwood ファンだったはず)。Steve Winwood は60代とは思えないほど、声量があり、声に伸びがあった。Higher Love などのヒット曲が出た1980年代に聴いておけば良かったと少々後悔(もっとも、日本語の Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89 を見ると、過去の来日公演は1989年、1991年そして2003年の3回のみで、大阪公演は1989年だけだった。あの頃は HR/HM 系にいろいろ行っていて、Steve Winwood は眼中に無かったっけ)。
ブルースには詳しくないので、ウドーの札幌公演と某巨大掲示板の情報を参考にセットリストを記録しておく。
2011.11.21 Eric Clapton & Steve Winwood @大阪城ホール
01. Had to Cry Today (Blind Faith)
02. Low Down (J.J. Cale)
03. After Midnight (J.J. Cale)
04. Presence of the Lord (Blind Faith)
05. Glad (Traffic)
06. Well All Right (Buddy Holly)
07. Hoochie Coochie Man (Muddy Waters)
08. While You See a Chance (Steve Winwood)
09. Key to the Highway (Big Bill Broonzy)
10. Midland Maniac (Steve Winwood)
11. Crossroads (Robert Johnson)
12. Georgia on My Mind (Hoagy Carmichael)
13. Driftin’ (Johnny Moore’s Three Blazers)
14. That’s No Way to Get Along (Robert Wilkins)
15. Wonderful Tonight (Eric Clapton)
16. Can’t Find My Way Home (Blind Faith)
17. Gimme Some Lovin’ (The Spencer Davis Group)
18. Voodoo Chile (Jimi Hendrix)
19. Cocaine (J.J. Cale)
– – – – – – – – encore – – – – – – – –
20. Dear Mr.Fantasy (Traffic)
Eric Clapton はこれまで何回か観ているけれど、Steve Winwood はおそらくこれが最初で最後になるのだろう。(単独で来日は考えにくい)。ヴォーカルにハモンドオルガンにギターにと、才能溢れるアーティストの年季の入った素晴らしいパフォーマンスを観せてもらった。
終演後、何気なくウドーのチラシを見ると、
トミー
トミー
(The Who ではなく、Roger Daltrey のみのようだが)

フライ・フロム・ヒア【限定盤 SHM-CD+DVD】
フライ・フロム・ヒア【限定盤 SHM-CD+DVD】
の来日公演が決定したとのこと!特に Roger Daltrey 来日については吹っ飛んだ。2008年 The Who 奇蹟の来日公演が最後だと思っていたのに…。
大英帝国の長老達はがんばっている。(Def Leppard なんて、まだまだ若い)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました