Beat It その2 / Michael Jackson

スリラー
スリラー
1983年5月28日 Cash Box 3位。邦題「今夜もビート・イット」。


Beat It は2006年2月3日に取り上げているけれど、意外なことにチャート絡みでは今回が初めてになる。
言うまでもなく Michael Jackson の代表曲の一つで、Wikipedia の Beat It の項目 http://en.wikipedia.org/wiki/Beat_It を見ると、アメリカでのシングル出荷枚数が340万枚!とのこと。
ついでに、Billy Jean http://en.wikipedia.org/wiki/Billie_Jean を見ると、こちらは更に上を行く370万枚!!!
アルバムではなく、シングル2枚合計が700万枚を超えているのだから異常事態だった。
1983年は洋楽を聴くようになってまだ間もない頃だったけれど、Michael Jackson が大ブレイクする時期を目の当たりにすることが出来たのは、今にして思えば良かったと思う。(あと、Madonna のブレイクも)。
売上枚数を調べたついでに、Cash Box でのチャート・アクションもみてみた。
1983年2月26日 初登場86位。(Billy Jean 4位)
59位→42位→29位→22位→15位→11位と順調にチャートを駆け上がり、4月16日には8位と Top 10 入り(この時の1位が Billy Jean)。
4月23日は3位 Billy Jean、4位 Beat It と並び、4月30日には3位 Beat It、4位 Billy Jean と逆転。5月7日、遂に1位を獲得した(Billy Jean 8位)。
こうやって振り返ってみると、物凄い勢いだったことがよく分かる。
さて、来月大阪公演が行われる
イモータル デラックス・エディション(初回生産限定盤)
イモータル デラックス・エディション(初回生産限定盤)
が楽しみだ。
そうそう、
1984
1984
も。

コメント

タイトルとURLをコピーしました