Burning Down The House / Talking Heads

スピーキング・イン・タングズ
スピーキング・イン・タングズ

1983年10月の Top 10 ヒット。

昨日のベストヒット USA 2006のオープニングはこの曲だった。
あまりの懐かしさにひとしきり感動。
Burning Down The House はリアル・タイムでヒットしたのを体験していることもあり、Talking Heads の中で好きな楽曲の一つである。吹っ切れたようなファンキーさが心地よくて良い。
放映されていたのは、Talking Heads のドキュメンタリー映画 STOP MAKING SENSE
ストップ・メイキング・センス(ニュージャケットバージョン)
ストップ・メイキング・センス(ニュージャケットバージョン)

からの映像。STOP MAKING SENSE という有名なタイトルは知っていたけれど、1980年代は映像と無縁の生活を送っていた私は映画は見ていない。昨日、全盛期の Talking Heads のライヴ・パフォーマンスを初めて見たけれど、David Byrne のエネルギーに圧倒されてしまった。Burning Down The House 以外のパフォーマンスも見てみたいと思ったくらい。
そこで、アマゾンで STOP MAKING SENSE を調べてみると、今年、廉価版 DVD が発売になったところ。3000円でお釣りが出る値段なら買ってもいいかな。ただ、個人的には1980年代半ばの And She Was や Wild Wild Life の方が好みなのだが…。購入者の評判も良いし、やっぱり買おう。
ベストヒット USA に乗せられた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました