Don't Stop Believin' その2 / Journey

エスケイプ
エスケイプ
1981年11月28日の全米20位。


以前 Don’t Stop Believin’ を取り上げたのが2004年11月22日と6年も前のこと。チャート絡みでは今回が初めてになる。
Don’t Stop Believin’ は言うまでもなく Journey を代表する曲で、1982年1月に全米最高位9位を記録した。
私が Journey を知ったのは1982年の秋、Still They Ride が日本でも流行った頃なので、Don’t Stop Believin’ はリアルタイムではない。しかし、辛うじて
エスケイプ
エスケイプ
から入ったので、アルバム一曲目の Don’t Stop Believin’ の衝撃は今だに忘れることが出来ない。個人的趣味として、Journey のお気に入り楽曲ベスト3に入る。(あとは一番初めに出会った Still They Ride、リアルタイムでヒットしたのを聴いた Faithfully や Only The Young、古いところで Lights のどれかがその時の気分で入れ替わる)。
イントロで分かる通り、Jonathan Cain が Journey に加入していなければ、この名曲(いや ESCAPE 以降の名曲の数々)は世に出なかっただろう。
昨日の記事が偶然にも Santana だったが、Journey はもともと Santana (バンド)に参加していた Niel Schon を中心として結成されたバンドで、幾多のメンバーチェンジを経て、1980年代に世界的な大成功を収めた。メンバー変遷については英語の Wikipedia (http://en.wikipedia.org/wiki/Journey_%28band%29)にある図がカラフルで分かりやすい。
そういえば、来年2011年は
エスケイプ
エスケイプ
30周年になるけれど、何か特別盤がリリースされるのだろうか?
ベスト盤コレクション / JOURNEY

コメント

  1. たんこ より:

    白まねきねこさん、こんにちは。
    Journey,今思えばこの頃が全盛期だったでしょうか。
    Live開場が満席だったことを思い出します。
    私はSteve Perryが加入した頃のJourneyも好きで、
    朝の某ワイドショーのオープニングソングにもなっている曲が大好きでした。
    Steveが脱退してから急激に興味を無くしてしまいましたが、
    先日,新生Journeyを聴く機会がありまして、
    ボーカリストの声がSteveそっくりでびっくりしました。
    よくあんなに声が似ている人を見つけましたね。
    あまり話を聞きませんが、今も頑張っているんでしょうか?

  2. 白まねきねこ より:

    たんこさん、コメントありがとうございます。
    1982年か1983年の来日公演へ行かれたのですか?羨ましいです。
    新生JourneyのVoはArnel Pinedaというフィリピン人で、YouTubeにアップされていたJourneyのカヴァーをNeal Schonが偶然視聴したことからJourneyへの加入を誘われた、という逸話が残っています。
    2009年には来日公演を行っていて、大阪公演に私は行きました。
    http://manekineko.air-nifty.com/rockrock/2009/03/separate-ways-j.html
    Arnel PinedaとDrのDeen Castronovoは40代ですが、全盛期を知るメンバーが還暦前後なんですよね。
    いつまで活動が続くのかも気になります。

タイトルとURLをコピーしました