GET THE KNACK / The Knack

ゲット・ザ・ナック(紙ジャケット仕様)
ゲット・ザ・ナック(紙ジャケット仕様)
The Knack のデビュー・アルバム。


The Knack のリード・ヴォーカルでギタリストの Doug Fieger が 2010年2月14日に脳腫瘍と肺癌のため亡くなった。
The Knack 最大のヒット曲 My Sharona は、その強烈すぎるリズムとメロディーで1979年8月25日から6週全米 No.1 を記録した。
大ヒットしていた当時を知らない私としては、日本でどのように盛り上がっていたのかは見当もつかないけれど、21世紀の今ですら耳にすることがあるくらい、ミュージック・シーンに大きな影響を与えたことは間違いない。
ゲット・ザ・ナック(紙ジャケット仕様)
ゲット・ザ・ナック(紙ジャケット仕様)
1枚だけのリリースかと思いきや、6枚のオリジナル・アルバムをリリースしていた。

コメント

  1. たんこ より:

    白まねきねこさん、こんにちは。
    My Sharona,リアルタイムで聴いておりました。
    (年がばれそう!)
    学校で友達と、あのリズムにあわせて変な歩き方したりして
    よくおちゃらけてました。
    あの一曲以降、ヒットした曲もなく
    彼らのこともすっかり忘れていたのですが
    エドはるみがネタでMy Sharonaを使い
    「あー、この人、私と同世代だな」
    と思いました。
    (やばい、ますます年がばれる!)
    Dougさんが亡くなったと言う記事を
    新聞の片隅に見つけた時は残念な気持ちでしたが
    「まだ忘れられた存在ではなかったんだな」
    と、ちょっぴり嬉しかったです。
    R.I.P Dougさん。

  2. 白まねきねこ より:

    たんこさん、コメントありがとうございます。
    1979年はニュー・ミュージックにどっぷり浸っていたので、
    洋楽は全く別世界の話でした。
    Wikipediaの「1979年の音楽」
    http://ja.wikipedia.org/wiki/1979%E5%B9%B4%E3%81%AE%E9%9F%B3%E6%A5%BD
    のシングル年間TOP50を見ると、演歌あり、
    ニュー・ミュージックあり、洋楽あり、洋楽カヴァーあり
    という物凄い時代だったことに驚いています。
    洋楽・邦楽を問わず、ヒット曲がパワーを持っていた
    時代が懐かしいです。

タイトルとURLをコピーしました