Going Out With A Bang / Scoprions


今回のライヴのオープニング曲。


私にとっては1991年以来、25年振りの Scorpions。Scorpions は1990年代に何度か来日していたけれど、それ程熱心なファンでもなく、また都合もつかなかったことから、ずーっと見送っていた。2004年の時はライヴに行くことを考えたけれど、Zepp Osaka でのスタンディングということで、会場へ行くのも(大阪南港は遠い)スタンディングも大変ということで、これもパスしたのだった。それから12年。Klaus Meine と Rudolf Schenker が68歳、彼らより若い Matthias Jabs も60歳ということで、大阪に来てくれる時、また、こちらも行ける時に行っておかねばと、ぴあ先行でチケットを取ったことは2016年9月3日の記事に書いた。 LOUD PARK 16 がメインだったとは言え、クリエイティブマンは大阪単独公演のスケジュールをよくぞ組んでくれたことだ。
開演15分前に会場に到着し、グッズ販売の列を横目にさっさと入場する。カメラの有無を聴かれたものの、フラッシュ撮影禁止、プロ用機材での撮影禁止云々と記された張り紙があり、携帯やスマホでの写真撮影は可能の様子。(はっきりアナウンスは無かったけれど、開演中の写真撮影は可能だった)。
1階席はほぼ満員、2階席の様子は分からなかった。 ステージには RETURN TO FOREVER のジャケット・デザインの幕が掛かっている。19時を3分程過ぎたところで客電が落ち、観客総立ちとなった。 セットリストについては、某巨大掲示板や setlist.fm を参考にした。
2016. 10. 11 SCORPIONS @大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
1. Going Out With A Bang
2. Make It Real
3. The Zoo
4. Coast To Coast
5. Top Of The Bill / Steamrock Fever / Speedy’s Coming / Catch Your Train
6. We Built This House
7. Delicate Dance
8. Kojo No Tsuki (A capella)
9. Always Somewhere
10. Eye Of TheStorm
11. Send Me An Angel
12. Wind Of Change
13. Rock ‘n’ Roll Band
14. Dynamite
15. Overkill (Motorhead cover)
16. Drum Solo (Mikkey Dee)
17. Blackout
18. Big CIty Nights
Encore:
19. Still Loving You
20. Rock You Like A Hurricane
サングラスを掛けて登場した Klaus Meine。見た目は十分若かったものの、サングラスを外すとやはり68歳という年齢を隠しきれないものがあった。だが、独特のヴォーカルは伸びもあり、年令による劣化をそれほど感じさせなかった。Klaus Meine は凄いわ。そして、Klaus の手首には鋲付きのリストバンドが。こういったメタル御用達ファンションアイテムは久し振りに見たように思う。Coast To Coast では Klaus もギターを抱えて弦楽器4人並ぶ。こういった姿も、最近のライヴではお目にかかっていなかった。Klaus は時々「おおきに」と大阪向けサービスも。
Rudolf Schenker も見た目は若い。アコースティックも含め、ギターは全て V なのね。 ライヴ中盤での「荒城の月」。"1978年初来日の時に中野サンプラザで歌った日本の曲" (in English)と前置きして、アカペラで歌い出す。テンポが早い目だったけれど、観客の手拍子に合わせて1番を歌い終わるや、観客にマイクを向けて歌わせる。Scorpions 来日公演での定番。25年前も「荒城の月」を歌った記憶はあるけれど、それ以外の曲も何度も観客にマイクを向けていたっけ?(同じく LOUD PARDK 2016 で来日している Whitesnake の David Coverdale は頻繁に観客に歌わせる。10月13日は白蛇@グランキューブということで、チケットの案内をしていた)。Klaus Meine は始終にこやかにステージの端から端まで移動して観客を煽り、スティックをばら撒いていた。スティック入れが空になると、スタッフが補充している…。Klaus は何度か上着を替えていたけれど、最後に来ていたベストの背中には Rock And Roll Forever のプリントが。Scorpions の信念なんだろうな。 終演は20時45分頃。 久し振りに Scorpions を観たが、新旧取り混ぜた楽曲にさすがのパフォーマンスで、充実したライヴだった。
バンド結成50年を迎えても、新曲を作り、アルバムをリリースし、ワールド・ツアーを行っている。一時期引退するって言っていたのは何だったんだ。 LOUD PARK 16 での評判が良かったみたいだし、数年後にまた来日公演を行って「荒城の月」を聴かせて欲しい。
ベスト盤コレクション / SCORPIONS

コメント

タイトルとURLをコピーしました