Hope / Cyndi Lauper

2019年8月発売の日本企画ベスト盤に収録された曲。

今月3本目のライヴは Cyndi Lauper。ウドープレミアムで購入した席は、15列下手側だった。

19時の開演15分ほど前にグランキューブ大阪に到着。パンフレットのみの売り場が場内にあるとのことで、場内に入ってパンフレットを購入した。ロビーには、冒頭4曲のみスマホ・携帯電話での静止画撮影可能(フラッシュ使用不可)の掲示が出ていた。写真撮り放題だった Night Ranger や Sting に比べると厳しいものの、写真撮影禁止だった以前のことを考えると、かなり緩和されている。

ステージ上には Cyndi Lauper の両眼を印刷した幕がおろされている。開演予定時刻から15分ほど過ぎて客電が落ち、幕にポーズをとる Cyndi Lapuer のシルエットが写し出されてライヴが始まった。

セットリストについては、setlist.fm などを参考にした。

2019.10.23 Cyndi Lauper @グランキューブ大阪

  1. I Drove All Night
  2. She Bop
  3. All Through The Night
  4. Hope
  5. I’m Gonna Be Strong
  6. The Goonies ‘R’ Good Enough
  7. Eventually
  8. You Don’t Know
  9. Shine
  10. Money Changes Everything
  11. Time After Time (encore)
  12. Girls Just Want To Have Fun (encore)
  13. Not My Father’s Son (encore)
  14. True Colors (encore)

Cyndi Lauper、そしてバンドのメンバーは全員白い衣装。ウドーの東京公演の記事 https://udo.jp/concert/CyndiLauper#livereport を見ると、衣装が全く違うので、公演によって変えていたようだ。I Drove All Night が終わると、Cyndi はブーツを脱ぎ捨て裸足になった。60代半ばだというのに、声は出ていて、パワフルそしてキュート。時に客席通路に降りて歌う。観客に何かを伝えようとするときは、「ヒロさーん」と舞台袖に声をかけ、スタンバイしていたヒロ寺平さんが通訳していた。(これって、大阪公演だけ?)前日22日に行われた「即位礼正殿の儀」を踏まえ、「天皇陛下のご即位おめでとうございます」(in English ヒロ寺平さん通訳あり)というコメントも。このコメントに、Cyndi の日本への愛とリスペクトを感じた。

セットリストの曲数は少なめだったものの、楽しい1時間半だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました