I Want You To Want Me /Cheap Trick

蒼ざめたハイウェイ
蒼ざめたハイウェイ

もともとは、Cheap Trick のセカンド・アルバム「蒼ざめたハイウェイ」(原題 In Color )に収録されていたが、オリジナルより遥かに有名なのが、この「チープ・トリック at 武道館」ヴァージョン。
at 武道館
at 武道館

チープ・トリック at 武道館
チープ・トリック at 武道館コンプリート
チープ・トリック at 武道館コンプリート


今日は、Cheap Trick のボーカル,Robin Zander の誕生日である。At 武道館の頃には、麗しの王子さま、といった感じでアイドルしていた Robin Zander も、もう、50代に突入している。
Cheap Trick の代表曲といえば、この I Want You To Want Me 邦題「甘い罠」。「甘い罠」という邦題を付けたセンスにも感心する。「蒼ざめたハイウェイ」が発売されたとき(1977年)に、この曲もシングルとしてリリースされたがさっぱり売れず、1978年「チープトリック at 武道館」の大ヒットで、再度この曲のライブ・バージョンをリリースしたところ(1979年)、全米7位の大ヒット曲になった、という経緯がある。
オリジナルの方は、ピアノのメロディーも優しく、甘ったるいキャンディ・ポップのような曲調であるが、ライブ・バージョンは、一転、緊張感のある曲になっている。観客の黄色い嬌声が、また、Cheap Trick ライブの雰囲気を見事に表している。曲が良いから、オリジナル、ライブ、どちらのバージョンでも楽しめる。個人的には、ギター・サウンド中心のライブ・バージョンの方が好み。
Cheap Trick のベスト盤を買うときには、I Want You To Want Me がどちらのバージョンで入っているか注意しないといけない。ライブ・バージョンを収録していることが大半だが、まれに、オリジナルを収録しているベスト盤もある。
プレミアム・ベスト
プレミアム・ベスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました