METAL: A HEADBANGER'S JOURNEY

メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー サウンドトラック
メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー サウンドトラック

Metal: A Headbanger’s Journey
Metal: A Headbanger's Journey
(画像はアメリカ盤のもの)
この夏公開の映画のサントラ盤。

昨日、Iron Maiden 来日についでにネットで少し検索したところ、メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー という映画が公開されているのを知った。何故メタルは嫌われるのか?という疑問に端を発したドキュメンタリー映画とのこと。Black Sabbath の Tony Iommi 、Alice Cooper、Ronnie James Dio、Motorhead の Lemmy Kilmister といった大御所や、Twisted Sister のDee Snider、Iron Maiden の Bruce Dickinson、Motley Crue の Vince Neil という’80年代メタルの名だたるボーカリスト達、その他新鋭アーティスト(私は1980年代以降のメタルを知らない)のインタビューも盛り込まれているらしい。
ちなみに、サントラの収録曲は以下の通り。
Hallowed Be Thy Name – Iron Maiden (live)
Balls To The Wall – Accept
Heaven And Hell – Black Sabbath
Laid To Rest – Lamb Of God
Summertime Blues – Blue Cheer
Working Man – Rush
Killed By Death – Motorhead
Am I Evil – Diamond Head
We’re Not Gonna Take It – Twisted Sister
Blood Lust – Venom
Disciple – Slayer
Silent Wars – Arch Enemy
(Sic) – Slipknot
Needled 24/7 – Children Of Bodom
Decency Defied – Cannibal Corpse
Inno A Satana – Emperor (live)
濃い!コアなファンにとっては面白いだろうけれど、そうでない人には途中でついていけなくなる可能性も大いにありうる。洋楽の歴史として観ておくのも悪くないか。
東京や大阪では公開中だが、京都は8/23から、それも東寺の京都みなみ会館で上映予定。行くのに若干不便なので躊躇われる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました