Owner Of A Lonely Heart / Yes

ロンリー・ハート(EXPANDED&REMASTERED)
ロンリー・ハート(EXPANDED&REMASTERED)

1970年代の Yes とは全く異なってしまった、1980年代 Yes のアルバム。
リマスターされて、ボーナス・トラックまでついて再発売されている。

今日も寒い。おまけに、雪もちらついていた。
1月の寒い雪の日には、私の頭の中に、この曲が浮かんでくる。ここ数日1984年ネタになっているが、この曲も1984年1月の全米 No.1 となった大ヒット曲である。洋楽を聴き始めて2-3年、日本でも洋楽がはやっていて、それこそ浴びるように音楽を聴いていた時代だった。
Owner Of A Lonely Heart は、アルバム 90125 に収録されている。このアルバム・タイトル(原題)は、レコードのカタログ番号そのままである。安直というか、ひねりも何もないというか、曲が良ければ、アルバム・タイトルは関係ないのかもしれない。当時、日曜深夜の FM で放送されていたCASH BOX チャート番組で、”nine ou one two five” というのを聴いて、そう発音するのか、と目からうろこだった。英語での数字の読み方は難しい。
洋楽を聴いていると、難しい単語を覚えたり(PYROMANIA 放火魔、は学校英語では出てこない)、一緒に歌うことで英語のリズムに慣れたり、とメリットも多いが、反面、間違った文法を覚えたり( She Don’t Know Me など)、品のない言葉も耳にしたり、ということもある。10代半ばから洋楽に浸っていたおかげで、英語に接することは、そう苦にならなかった。これは、私にとって大きな財産になっている。仕事柄、英語の文章を読む機会もあり、また、世界中の情報が英語で渦巻いている昨今、めんどうだと思いながらも、英語の情報にアクセスすることに抵抗を感じないのは、洋楽を聴いて英語に慣れてきたことが大きい。(アーティストの Official HP も英語だから、英文を読まざるを得ない!?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました