PYROMANIA DELUXE EDITION / Def Leppard

Pyromania
Pyromania
イギリスは6月8日発売、アメリカは6月23日発売予定。


Def Leppard official site (http://www.defleppard.com/)の2月24日付けの News (http://www.defleppard.com/news/newsItem.asp?id=155) で触れられていたけれど、遂に
Pyromania
Pyromania
Adrenalize
Adrenalize
のリリースが official site で発表された。(HMV やアマゾンでは数日前から既に予約受付が始まっている。しかし、アマゾンはどうしたことか今のところ ADRENALIZE のみ。)
Hysteria
Hysteria
同様リマスター&ボーナス・ディスク付き。
収録曲も official site にアップされていたので、そのままコピペ。
PYROMANIA DELUXE EDITION
DISC ONE – PYROMANIA:
1. Rock! Rock! (Til You Drop)
2. Photograph
3. Stagefright
4. Too Late For Love
5. Die Hard The Hunter
6. Foolin’
7. Rock Of Ages
8. Comin’ Under Fire
9. Action! Not Words
10. Billy’s Got A Gun
DISC TWO – LIVE LA FORUM 1983:
1. Rock! Rock! (Til You Drop)
2. Rock Brigade
3. High ‘N’ Dry (Saturday Night)
4. Another Hit And Run
5. Billy’s Got A Gun
6. Mirror Mirror (Look Into My Eyes)
7. Foolin’
8. Photograph
9. Rock Of Ages
10. Bringin’ On The Heartbreak
11. Switch 625
12. Let It Go
13. Wasted
14. Stagefright
15. Travellin’ Band
ADRENALIZE DELUXE EDITION
DISC ONE:
1. Let’s Get Rocked
2. Heaven Is
3. Make Love Like A Man
4. Tonight
5. White Lightning
6. Stand Up (Kick Love Into Motion)
7. Personal Property
8. Have You Ever Needed Someone So Bad
9. I Wanna Touch U
10. Tear It Down
DISC TWO:
1. Hysteria – In The Clubs In Your Face (Bonn 29/05/92)
2. Photograph – In The Clubs In Your Face
3. Pour Some Sugar On Me – In The Clubs In Your Face
4. Let’s Get Rocked – In The Clubs In Your Face
5. You Can’t Always Get What You Want – B-Side
6. Little Wing With Hothouse Flowers – B-Side
7. Tonight (Version 2-Demo Version) – B-Side
8. Now I’m Here (Live) – B-Side
9. Two Steps Behind (Acoustic) B-Side
10. Tonight (Acoustic) – B-Side
11. Too Late For Love (Live) – B-Side
12. Women (Live) – B-Side
今回の目玉は、何と言っても PYROMANIA DISC TWO。PYROMANIA 時代のライヴを、1ステージ分フルセットで公式音源としてリリースなんて信じられない。一体どうした風の吹きまわし?ここまでのおまけを付けないと売れないと踏んだ?DVD で出してくれれば本当に奇跡的なのだが、そうもいかなかったのだろう。
Def Leppard が公式にライヴ音源をリリースするのは、確か
スラング~メガ・エディション
スラング~メガ・エディション
のアコースティック・ライヴ以来か。
PYROMANIA のリマスター音源より、ライヴ音源を重視するファンは多いはず。結構な売上になったりして。

コメント

タイトルとURLをコピーしました