Rock And Roll All Nite その2 / KISS

KISS のライヴの最後に演奏される代表曲。

KISS 最後の大阪公演は京セラドーム大阪。グッズ売り場が混むのは目に見えていたから、普段よりは早い目に会場へ向かう。ボンカレーとコラボした「地獄の辛さのボンカレー」が売っていたら買おうと思っていたけれど、既に売り切れとのことで、「地獄のメモリーパンフレット」(3000円)を買って場内へ。入口のもぎりのお姉さんたちは、今回も KISS のメイクをしていた。

今回ウドープレミアムで入手した席は、S席のA2ブロックで、Gene Simmons 側。端だけど前の方なので、S席としては良かった方だろう。アリーナは埋まっていたものの、スタンドは空席が目立っていた。12月の平日ということを考えると、観客が入った方だと思う。

開演予定時刻の19時が近づき、場内に Led Zeppelin の Rock And Roll が流れると、場内は既に総立ち。客電が落ち、ステージ両脇のディスプレイにステージへ向かうメンバーの姿が映し出される。You wanted the best. You got the best. The hottest band in the world. KISS! (このフレーズも最後か)。ステージ前にかかっていた幕が落とされ、パイロの演出とともに、セットに乗ったメンバーが上から降りてきた!

セットリストについては、某巨大掲示板などを参考にした。

2019.12.17 KISS @京セラドーム大阪

  1. Detroit Rock City
  2. Shout It Out Loud
  3. Deuce
  4. Say Yeah
  5. I Love It Loud
  6. Heaven’s On Fire
  7. War Machine
  8. Lick It Up
  9. Calling Dr. Love
  10. 100,000 Years
  11. Cold Gin
  12. God Of Thunder
  13. Psycho Circus
  14. Let Me Go, Rock ‘N’ Roll
  15. Sukiyaki
  16. Love Gun
  17. I Was Made For Lovin’ You
  18. Do You Love Me
  19. Black Diamond
  20. Beth (encore)
  21. Rock And Roll All Nite (encore)

これまでのライヴ同様、Gene Simmons の火吹きに血吐き、Paul Stanley の Sukiyaki にサブステージ移動、Tommy Thayer のギター・ヘッドからの火花、Eric Singer のドラム・ソロと各人の見せ場があり、ファンの期待を裏切らない。アンコールには東京公演と同じく YOSHIKI が登場し、Beth でピアノを弾き、Rock And Roll All Nite でドラムスを叩いた。個人的には、Do You Love Me よりは Crazy Crazy Night が聴きたかったな。Paul Stanley の「さよなら」に寂しさを覚えたものの、最後の Rock And Roll All Nite で紅白の紙吹雪が舞い、銀テープが放たれ、メンバーのメイク模様のバルーンが飛び交う高揚感の中、会場一体となった大合唱は、KISS らしいファンとの別れの儀式だった。

2019.12.19追記 KISS の公式ツイッターに、大阪公演の動画やバックステージでの映像がアップされていたので、貼っておく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました