Shake It Up / Bad Company

Dangerous Age
Dangerous Age
1989年4月29日の全米82位。


本来なら17位 Living Colour の Cult Of Personality なのだが、2008年4月1日に記事にしているので、今回は見送り。別の曲をと思いチャートを眺めていたら、珍しいバンドが100位以内に入っているのに気が付いた。
Bad Company !?
1970年代のバンドだと思っていたが、Paul Rodgers が脱退した後、1986年に Brian Howe がヴォーカルとして加入してからもコンスタントにアルバムを制作し、シングルをリリースしていた。
Shake It Up は全米最高位82位に終わっている。
Paul Rodgers 時代ではないので
10 from 6
10 from 6
には当然収録されていない。アマゾンや HMV に音源は無く、YouTube にもアップされていないようだ。
何とか見つかったのが iTunes Storeと Listen Japan のサンプル・ビデオだけ。
http://listen.jp/store/album_a10302b0000186263d_v.htm
冒頭の犬の遠吠えが強烈すぎる。楽曲はさわりしか試聴できなかったのでよくわからないけれど、アメリカン・ロック化している。
Bad Company にもこんな時代があったということ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました