Show Must Go On / Queen

アルバム INNUENDO からのシングル・カット。

2020年最初の洋楽ライヴは京セラドーム大阪での Queen + Adam Lambert。開演1時間20分前に到着したのだが、既にもの凄い人だった。まずは、場外のグッズ売り場でプログラムを購入し(3500円は高い)、会場内へ。公演の公式サイトには ID チェックを行う旨のことが書かれていたけれど、ID チェックはなく、金属探知機による身体検査と手荷物チェックのみだった。

この公演は、有料会員になっていないクリエイティブマン招聘のため、スタンド席を狙って e+ の先行抽選で S 席を申し込んだ。当たった関はサイド席に近い三塁側スタンド席。ステージ横のセットに遮られて、一部ステージが見えにくく、ステージ奥のスクリーンが全く見えなかったけれど、アリーナの込み具合をみると、無理して SS 席にしなくて良かった。 最上段まで観客が入っている。

開演予定時刻の19時を10分近く過ぎたところで客電が落ちた。セットリストについては、setlist.fm を参考にした。

2020.1.28 Queen + Adam Lambeert @京セラドーム大阪

  1. Now I’m Here
  2. Seven Seas Of Rhye
  3. Keep Yourself Alive
  4. Hammer To Fall
  5. Killer Queen
  6. Don’t Stop Me Now
  7. Somebody To Love
  8. In The Lap Of The Gods … Revisited
  9. I’m In Love With My Car
  10. Bicycle Race
  11. Another One Bites The Dust
  12. I Want It All
  13. Teo Toriatte (Let Us Cling Together)
  14. Love Of My Life
  15. ’39
  16. Doing All Right
  17. Crazy Little Thing Called Love
  18. Under Pressure
  19. Dragon Attack
  20. I Was Born To Love You
  21. I Want To Break Free
  22. Who Wants To Live Forever
  23. Guitar Solo
  24. Tie Your Mother Down
  25. The Show Must Go On
  26. Radio Ga Ga
  27. Bohemian Rhapsody
  28. We Will Rock You (encore)
  29. We Are The Champions (encore)

いやー、素晴らしかった。Bryan May も Roger Taylor も70代とは思えないパワフルさ。そして、Adam Lambert のボーカルが Queen の楽曲に合っていたのに驚いた。ただ、Hammer To Fall や Another One Bite The Dust、I Want It All、Crazy Little Thing Called Love といった、ロック色やブルース色の強い曲は Paul Rodgers の方が良かったように感じた。Killer Queen は、衣装・アクション含めて断然 Adam Lambert。

今回の日本公演、映像作品化されないかな。正面からのステージを観てみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました