Somebody / Bryan Adams

レックレス
レックレス
1985年3月16日の全米23位。


Somebody は Bryan Adams らしい骨太のアメリカン・ロックで、1985年4月6日に最高位11位を記録している。RECKLESS からの第一弾シングル Run To You がマイナー調の憂いを帯びたメロディーだったのに対し、セカンド・シングルの Somebody は Bryan Adams らしさがみなぎっていて、聴いていて気持ちが良い。
私は誰かが必要だ、みんな誰かが必要だ、とよくあるフレーズ満載の楽曲なのだが、wikipedia を見ると、Somebody の2番は第一次世界大戦の兵士を暗示しているとのこと。そうなのかと
ソー・ファー・ソー・グッド/ブライアン・アダムス・ベスト
ソー・ファー・ソー・グッド/ブライアン・アダムス・ベスト
ソー・ファー・ソー・グッド/ブライアン・アダムス・ベスト
を引っ張り出して歌詞を確認してみたら、最前線に行き彼らが死んでいくのを見れば…という、ラヴ・ソングにしては場違いに思えるフレーズが入っていた。結構奥が深い歌詞だったのか。
近日中に新作
11
11
が発売される。偶然とは言え、タイミングの良い巡りあわせだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました