Tears In Heaven / Eric Clapton


1992年3月28日 Billboard HOT 100 最高位2位の大ヒット曲。


2014年最初の洋楽ライヴは Eric Clapton から。
これが最後になるかもしれない、と言われている Eric Clapton の来日公演。
2011年の時は Steve Winwood との共演だったから、Eric Clapton 単独としては2009年以来となる。
開演20分前に大阪城ホールに到着したものの、物販の列が長かったのでパンフレットは終演後に買うことにして入場した。(パンフくらい、これまでの様に会場内で売ってくれてもいいのに…)。
今回大阪ウドーの Beat Crew で押さえた席は前から22列目の真ん中よりやや右サイド。場所的にはサウンドメイトで押さえた時と変わらない。これまでの経験を考えると、ウドー会員枠が15~35列辺りで、黒澤楽器枠などがその前になるのだろう。
今回はステージの両サイドにスクリーンが設置されていたが、ステージ上にスクリーンは無し。
19時を約10分過ぎた頃に客電が落ちた。
熱心な Eric Clapton ファンでもないので、セットリストは某巨大掲示板からのコピペ。
2014.2.26 Eric Clapton @大阪城ホール
01. Pretending
02. Key To The Highway
03. Tell The Truth
04. Hoochie Coochie Man
05. Honest Man
06. Wonderful Tonight
07. I Shot The Sheriff
08. Driftin’ Blues
09. Nobody Knows You When You’re Down And Out
10. Alabama Woman
11. Layla
12. Tears In Heaven
13. How Long
14. Before You Accuse Me
15. Crossroads
16. Little Queen Of Spades
17. Cocaine
(encore)
18. Hight Time We Went
このブログに記録している過去のセットリスト(2006年11月11日2009年2月14日2011年11月22日)を見ても Tears In Heaven は入っていなかったから、久し振りにライヴで聴くことになる。(何時以来だろう?おまけに、このブログでも Tears In Heaven を取り上げていなかった)。
ステージ上の Eric Clapton、外見は2009年の時よりも更に老けていたけれど、ギターは健在だった。
はてさて、次の来日公演はあるのだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました