Torn To Shreds / Def Leppard

X
X

Def Leppard 10枚目のアルバム X の7曲目。

今頃 Def Leppard のメンバーは torn to shreds といったところだろうか。
英辞郎 on the web より転記。
tear ~ to shreds :~をズタズタ[ボロボロ]に(引き)裂く、~を寸断する、~を切りさいなむ、~をこき下ろす、徹底的に酷評する、完全に論駁する、粉砕する、やっつける、潰滅させる、侮辱する
torn to shreds :(be ~)ボロボロになる
イングランドが負けてそのショックで心がズタズタになった、よりも、ポルトガルをこき下ろしている方が近いかもしれない。
それにしても、イングランド対ポルトガル戦は PK にまでもつれ込んだ凄い試合だった。
ここまではテレビ観戦出来たが、次のブラジル対フランス戦はやっぱり睡魔に勝てず、前半20分位で挫折してしまった。起きて結果を知ってびっくり、フランスがブラジルに勝っている!国と国、意地と意地の戦いは凄まじい。
Official site で紹介されている、Def Leppard のメンバーを含めた FIFA ワールドカップ勝敗予想クイズ大会、この準々決勝については大多数が予想を外したことだろう。(大抵はイングランドとブラジルが勝って、準決勝で激突のシナリオを描いていたはず)。
Def Leppard の楽曲は分厚いコーラスが特徴だけど、今日のタイトルに挙げた Torn To Shreds のコーラスもまた非常に美しく素晴らしい。イントロとエンディングのギター・アルペジオがシンプルで、曲の前半部もあっさりしているだけに、幾重にも音を重ねたコーラス部分が非常に印象に残る。アルバムの中盤で、シングル・カットもされなかったから目立たない曲であるが、このコーラスの秀逸さに魅かれて私のお気に入りの一つとなった曲でもある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました