VAULT / Def Leppard

デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ
デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ

2004年11月に BEST OF ベスト デラックス・エディションがリリースされてから、すっかり影が薄くなってしまった。
日本では2004年1月にDon Valley Stadium でのライブ盤を付けたデフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ(スペシャル・エディション・ベスト・オブ)が再発売された。


1984年1月25日、大阪厚生年金会館で Def Leppard の初来日ライブが行われた。残念ながら、行っていない。いや、行かせてもらえなかった、というのが正しい。行きたかったのは山々だったが、家からライブ会場まで遠く、夜遅くなるからと、親の許可も出なかったのであきらめた。仮に行かせてもらえたとしても、ぴあ、などの電話予約が普及していなかった時代、チケットが取れたかどうかも非常に怪しい。
日程にもよるが、行きたいライブがあると、ホイホイ行っている今とは大違いな過去の話。
1995年に発売された Def Leppard の グレイテスト・ヒッツ集(昨年のベストと言葉が違う点に注意) VAULT の日本限定盤 グレイテスト・ヒッツ(ブルー)は、Sheffield の Don Valley Stadium でのライブ盤が付いている上に、64Pフルカラー・ブックレットも非常に価値がある。デビューから VAULT までの間にリリースされたシングル盤のジャケット写真や、結構詳しい年表まで掲載されている。(時々、このブログのネタ本にもなっている。)この限定盤は、さすがに中古でないと入手できない。
BEST OF の発売に伴い VAULT は廃盤になるようだが、アメリカでは、まだ BEST OF に相当するアルバムがリリースされていない。ということは、当分、VAULT の USA 盤は販売され続けるのだろうか。VAULT の日本盤、UK盤、USA盤全て買い揃えているので、どちらでも構わないが。

コメント

  1. フランクなマリノ より:

    はじめまして、back古くてすいません。あんまり懐かしい話題なもんで⋯大阪ではないけど、渋谷公会堂のLepps初来日、行ってきましたよ。パンフには、東京2公演、大阪1公演、としか印刷されてませんよね。当時、まだ高校生。朝から、ウドー音楽事務所の近くの店で並びました。それよりも、整理券の入手が大変でしたね、当時は。気合い入れないとチケット買えません。ライブはなかなか良かったですよ。いろんなライブを観たけど、特に記憶に残るライブでしたね。当時の最後の曲はトラベリン・バンドで、リックとジョーがギターで、コリンがベースでした。耳鳴りも凄かったけど⋯個人的にはやっぱりスティーヴかな。かっこよかた!

  2. フランクなマリノさん、コメントありがとうございます。
    1984年の Def Leppard 初来日公演行かれたのですか。凄く羨ましいです。ブログ記事の通り、私は行けませんでした。
    参考までに、昔の Music Life などの資料を引っ張り出して初来日時の公演を確認したら、1984年1月24日東京・渋谷公会堂、1月25日大阪・厚生年金会館、1月26日東京・中野サンプラザ、という凄まじいスケジュールで疾走していったのですね。Def Leppard のメンバーも、若くて勢いがあったからこそ出来たことなのでしょう。
    今年こそは Lepps の来日公演を期待したいです。

  3. フランクなマリノ より:

    白まねきねこさん、再びすいません。ファンの方が勘違いするかもしれないのでコメント追加です。もちろん、パンフには日程表があり日時場所ともに印刷されています。記憶では追加公演がなかったのではないかという意味で3公演のみと紛らわしく書いちゃいました。それにしても3日で東京、大阪の往復とは過密でしたね。で、以下が当日のセット・リストです。
    Opening SE(Die Hard The HunterのSE〜Rock!Rock!のSE)
    (1)Rock!Rock!(2)Rock Brigade(3)High'N' Dry(4)Another Hit And Run(C&R)(5)Billy's Got A Gun(6)Mirror Mirror(7)Foolin'(8)Photograph(9)Rick Allen Drums Intro〜Rock Of Ages(C&R)(10)Bringin' On The Heartbreak〜Switch625(11)Phil Collen Solo(12)Let It Go(13)Steve Clark Solo〜Wasted
    1st.End
    (14)Stagefright
    2nd.End
    (15)Rick Allen 〜Traverin' Band (C&R)(途中Rock 'n' Roll)
    '84.Jan.24. 渋谷公会堂
    当時はヘッドバンギング全盛時代のため(12)〜(14)最高潮でした。

  4. フランクなマリノ より:

    白まねきねこさん、再びすいません。ファンの方が勘違いするかもしれないのでコメント追加です。もちろん、パンフには日程表があり日時場所ともに印刷されています。記憶では追加公演がなかったのではないかという意味で3公演のみと紛らわしく書いちゃいました。それにしても3日で東京、大阪の往復とは過密でしたね。で、以下が当日のセット・リストです。
    Opening SE(Die Hard The HunterのSE〜Rock!Rock!のSE)
    (1)Rock!Rock!(2)Rock Brigade(3)High'N' Dry(4)Another Hit And Run(C&R)(5)Billy's Got A Gun(6)Mirror Mirror(7)Foolin'(8)Photograph(9)Rick Allen Drums Intro〜Rock Of Ages(C&R)(10)Bringin' On The Heartbreak〜Switch625(11)Phil Collen Solo(12)Let It Go(13)Steve Clark Solo〜Wasted
    1st.End
    (14)Stagefright
    2nd.End
    (15)Rick Allen 〜Traverin' Band (C&R)(途中Rock 'n' Roll)
    '84.Jan.24. 渋谷公会堂
    当時はヘッドバンギング全盛時代のため(12)〜(14)最高潮でした。

  5. フランクなマリノさん、再度コメントありがとうございます。そして、貴重なデータありがとうございます。PYROMANIA と HIGH 'N' DRY 中心のセット・リストでのライブ、見たかったです。ちなみに2002年大阪でのライブでは、オープニング Let It Go から Switch 625 まで HIGH 'N' DRY から5曲連続で本当に吹っ飛びました。
    1984年1月初来日時のインタビューやライブ・レポートが Music Life 1984年3月号に掲載されています(雪の中でのカラー写真は1984年4月号)。控えめな Joe の姿が懐かしいです。

タイトルとURLをコピーしました