Walking On A Thin Line / Huey Lewis & The News

スポーツ
スポーツ

1984年12月に全米18位となったスマッシュ・ヒット。

現在、アメリカで野球の国別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック」の2次リーグが行われている。
メキシコには快勝したものの、アメリカと韓国に惜敗した日本は準決勝への出場がほぼ絶望視されていた。ところが、驚くことにアメリカがメキシコに破れたため、日本、アメリカ、メキシコが1勝2敗で並び、失点率で勝った日本が準決勝に出場することになった。いやはや、野球は9回2アウトからとはよく言われるけれど、このような土壇場での逆転劇になるとは誰が予想したであろう。準決勝進出となったからには、日本プロ野球の真骨頂を是非とも見せてほしいものだ。
1980年代洋楽ファンの私としては、野球とくれば、すぐ Huey Lewis の名前が出てくる。Huey Lewis が野球で奨学金を得て大学に進学したというのは有名な話。1983年にリリースされた Huey Lewis & The News の大出世作のアルバム・タイトルが SPORTS というのも彼ららしい。1983-84年は出す曲出す曲全てヒットし、一大旋風を巻き起こしていたことを思い出す。個人的には 1982年の Believe In Love が好きで Huey Lewis & The News の名前を覚えただけに、あまりに売れすぎた彼らに違和感を覚えたほどだった。
今の日本代表を表すようなタイトルの Walking On A Thin Line も SPORTS に収録されている。この曲は、他の Top 10 ヒットに比べて地味な感じがする分チャート・アクションも芳しくなかった。派手さはないけれど印象に残る曲で、久しぶりに聴くとやはり懐かしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました