X / Def Leppard

X
X

2年前の2002年11月21日は、大阪厚生年金会館で Def Leppard の大阪公演が行われた。

Ricky Warwick の前座で始まったDef Leppard 大阪公演から、2年が経った。
今まで、Def Leppard は Hysteria、Euphoria、そして前回のXツアーと3回行ったが、前座が付いたのは初めてだった。会場についた時には既にRickyの演奏が始まっていて、一体何事?と思ったのを覚えている。
アコースティック・ギター一本でがんばったRicky の前座でそれなりに盛り上がったためか、客電が落ちる前からスタンディング。平日でスーツ姿も多いのに、何やこの盛り上がり、と思いつつ(自分も立っていたのに)、ステージが始まるとさらに吹っ飛んでしまった。High’N’Dry 5連発!!えーーーーー、Xツアーじゃなかったの???
今回発売された、BEST OF CD TWO の曲目にみられるように、彼らの原点としてはHigh’N’Dry と Pyromania であろうから、古いファンとしては嬉かったが、5連発には本当にびっくりした。(Steve Clark のギターで観たかった、など言いません。)その分、Xからの曲が少なかったのは残念だったが。Euphoria 以降、彼らのコーラスがさらにスケール・アップしているので(Vivian Campbell も歌えるのが大きいと思う)、Euphoria や X からの曲を結構楽しみにしていたのに。Everuday 聴きたかった。ま、You Are So Beautiful や Four Letter Words が聴けたので良しとするか。これら曲は、次のツアーでは演奏されることはないと思うけど、本当にコーラスが素晴らしい。おまけに、Photograph も煽ることなく(以前は、聴きたい?!、みたいに前振りしていたのに)、さらりと始めてしまったところに時代の流れを感じてしまった。Photograph で盛り上がる時代ではないのね。(Hysteria ツアーの時は、レーザー光線でマリリン・モンローの顔を描いていたっけ。)20曲以上を堪能させてもらいました。こんな満足度の高いコンサートは、久しぶり。
今日は回顧録になってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました