Don’t Stop Believin’ / Journey

エスケイプ
エスケイプ

1981年12月に全米 Top 10 ヒットとなった曲。


Escape によって Journey はアメリカン・ロックにおける不動の地位を築いた。そのオープニング・トラックが、 このDon’t Stop Believin’ である。イントロのキーボードと Steve Perry のハイ・トーン・ヴォイスが印象的な曲で、歌詞も「信じることをやめるな」、大阪弁でいうと「投げたらあかん(わっ、天堂よしみになってしまう)」、をテーマとした人生の応援歌となっている。
まだ夏の暑さが続いていた頃から、この Don’t Stop Believin’ は日産エルグランドのCF曲としてテレビから流れていた。季節は変わり、冬の声を聞こうとしている今も、このCFは放送されている。確かこのCFには、時間が短いのと長いのと2つのバージョンがあったように思うが、いずれにしろ、気になる点が一つある。どうして、歌詞が boulevard  のところで終わるの?発音が違うが、日産の名車 Bluebird を連想する。ひょっとして、それを狙っていた?
Journey は今年来日コンサートを行った。(私は行っていない。)しかし、ボーカルは Steve Perry ではなく、歌がPerry にそっくりといわれる Steve Augeri に変わった。変わってからの Journey を聴いていないので比較はできないが、やはり、私にとっては、Journey = 80’s = Steve Perry になる。
久しぶりに DVD 観ようっと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました