ANTHOLOGIA / Asia

アンソロジア~20thアニヴァーサリー・コレクション
アンソロジア~20thアニヴァーサリー・コレクション

Geffen 時代の集大成。


ようやくチケットも届いたことだし、そろそろ予習をしなければと思っていた Asia。
丁度
BURRN ! (バーン) 2007年 03月号 [雑誌]
BURRN ! (バーン) 2007年 03月号 [雑誌]

に記事が出ていたので、本屋でざっと立ち読みした。(Burrn! 誌に Asia というのも、よくよく考えると不思議なものなのだが、一応ハード・ロックの範疇?洋楽雑誌が乏しい今では貴重な情報源だから、細かい追求はしない)。
海外公演のセット・リストを見ると、
詠時感~時へのロマン
詠時感~時へのロマン

からの選曲が大半なので、1st を押さえておけば大丈夫そうだ。単体での CD は持っていないものの、代わりにANTHOLOGIA を持っている。それに、LP 時代にかなり聴いているから(当時洋楽初心者で、片手で数えられるほどしかアルバムを所有しておらず、そのうちの一枚が ASIA だった)、ヒット曲以外もすぐに思い出すだろう。
それにしても、Burrn! に掲載されていた写真、あまりの変貌に愕然となった。特に Steve Howe の老けようといったら!眼鏡をかけてギターを弾いている写真は痛々しい。某掲示板で「西遊記」みたいという書き込みがあったが、ウドーに掲載されている写真(http://www.udo.jp/artist/Asia/)を見ると納得してしまう(誰が誰とは言わない)。寄る年波に勝てないのは分かるけれど、ライヴに行ったら、ますます現実に直面することになるのだろう。
さて、予習するとするか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました