Don't Let It End / Styx

Kilroy Was Here
Kilroy Was Here
(画像はアメリカ盤)
1983年7月に全米6位まで上昇した大ヒット曲。邦題「愛の火を燃やせ」。


8月11日から Def Leppard の北米ツアー後半戦が始まった。
Def Leppard の official site (http://www.defleppard.com/) NEWS の8月11日付けの記事に、 Def Leppard & Styx (とツアー・マネージャー達)の記念写真がアップされている。懐メロ・ツアーと揶揄されても仕方がないが、豪華競演であることには違いない。
あらら、Tomy Shaw (やっぱり小柄)が着ているのは
Hysteria
Hysteria

の T シャツではないか。この和やかさ、いい雰囲気でツアーを行っているのだろう。
そこで、今日は Styx 1983年夏のヒット曲 Don’t Let It End を。
日本語歌詞が印象的な Mr. Roboto の後にリリースされた、美しいバラード曲である。リアル・タイムで聴いているためか、個人的には
Paradise Theater
Paradise Theater

収録の The Best Of Times に匹敵する名曲だと思っている(The Best Of Times は後追い)。アメリカでは全米6位のヒットになったけれど、日本では Mr. Roboto 程のインパクトもなく、さほど話題にならなかったように記憶している。(やっぱり「ドモアリガトー」は凄かった)。
24年前のデータ
1983年8月13日付け Billboard HOT 100
#16 Rock Of Ages — Def Leppar(最高位を記録)
#89 Don’t Let It End — Styx (翌週は HOT 100圏外へ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました