サンダーバード

サンダーバード コンプリートボックス PART1
サンダーバード コンプリートボックス PART1

1964年にイギリスで制作された、特撮人形劇のテレビ番組。


今日も寒気団に居座られた日本列島では、あちこちで大雪になっている。
今日、所用のため京都駅に出向いたところ、「雪のため北陸線の雷鳥・サンダーバードは運転を見合わせております」のアナウンスが聞こえてきた。
それにしても、「雷鳥」を「サンダーバード」に上手く読み替えたものだ。「雷」=サンダー+「鳥」=バード。「雷鳥」と聞くと、大自然に生きるか弱い鳥というイメージでのどかな感じがするのだけれど、「サンダーバード」と聞くと、何やら最先端で格好良いイメージが湧く。確かに車両は違うのだけれど、同じ北陸線を走る特急電車、ネーミングの違いで大きく印象が変ってしまう。
ちなみに、鳥のライチョウは英語で ptarmigan、grouse、学名は Lagopus mutus 。英語の thunderbird は雷神鳥。もしくは、テレビ番組の Thunderbirds になる。
テレビ番組サンダーバードは、数年前に NHK 教育で再放送されていたのを見ていたけれど、続けて見なかったためかストーリーもはっきり分からないまま終わってしまった。40年前ということを考えると、あれだけの特撮人形劇は本当に衝撃的なものだったのだろう。世紀を越えて再放送され続ける番組(それも海外物)というのも、そうあるものではない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました