Believe Me Tonight その2 / Sneaker

Loose In The World
Loose In The World

1982年に発表された LOOSE IN THE WORLD からの 1st シングル。

ようやく、Amazon.com から LOOSE IN THE WORLD 日本盤が届いた。
外装のフィルムには IMPORT のシールが貼ってあり、おまけに裏面には MADE IN JAPAN のシールまで貼っている。帯付き、日本語解説(結構詳しい)付きの、紛れもない日本盤。日本からアメリカに向けて旅立ったのに、結局日本に呼び戻されたことになる(ロストになった CD は今頃何処へ?)。
今回はトラッキング・ナンバーが明示されたので、どこまで輸送されたか確認出来るものと思っていたのに、Your Account 内の Shipment Tracking は tracking information is not currently available のまま。DHL のサイトに入って調べても、番号が見つかりませんとなるし、何の為のトラッキング・ナンバーだったのだろう。無事に届いたから良いようなものの、これからは本当に貴重なものは Priority International Courier (基本料金 $19.99 は高い)を考えないといけないか。
せっかく届いた CD を早速聴くことにする。
オープニングはギターのカッティングから?こんなんだったっけ ?? 覚えていない。歌が始まると思い出した、というか、ある程度歌える自分が怖い。EP を買ってカセット・テープに録音して繰り返し聴いていたから、覚えていてもおかしくはないのだが、20年以上聴いていない曲なのに歌えるなんで、当時どれ程聴いていたかが窺い知れるというもの。
Believe Me Tonight は、TOTO + Journey + Styx に Night Ranger を僅かに加えたようなハード・ポップ・ソングで、私の好みの楽曲なのは間違いない。(趣味が20年以上変っていない !?)しかし、LOOSE IN THE WORLD に収められているその他の曲は典型的 AOR でちょっと物足りない。CD の日本語解説によると、Believe Me Tonight が異色だったとのこと。アルバム全体を聴いてみると、確かに Believe Me Tonight のハードさが際立っている。たまたま Believe Me Tonight から入り、EP しか買わなかった(買えなかった)ので、Sneaker についてはハードなイメージしか残っていなかったのだけれど、それで良かったのだか悪かったのだか。
結局、Believe Me Tonight ばかり聴くことになりそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました