I Wanna Rock / Twisted Sister

Stay Hungry
Stay Hungry

1984年のヒット曲。


今日6月9日は、6と9で「ロックの日」。
タイトルにロックが付く曲は数多く、さてどれにしようかと、しばし悩む。結局、タイトルもストレートならば、曲も思いっきりストレートにロックしている I Wanna Rock が残った。
I wanna rock!
曲の冒頭から、Dee Snider の雄たけびが炸裂。
これぞ、ロック・フリークの思いを一言で表している。
I want to rock!
(歌の方でも、wanna ×2、want to、wanna と、何故か使い分けている)。
Twisted Sister、特にボーカルの Dee Snider は、見た目のインパクト度では右に出るものが無いであろう。そんなド派手な彼らの外見とは裏腹に、曲はシンプルなアメリカン・ロック。今日取り上げた I Wanna Rock も良質の楽曲なのだが、ビデオ・クリップも話題になった、彼ら最大のヒット曲 We’re Not Gonna Take It の影に隠れてしまっているが、非常に残念である。
ベスト盤のライナーによると、
Big Hits and Nasty Cuts: The Best of Twisted Sister
Big Hits and Nasty Cuts: The Best of Twisted Sister

Twisted Sister の歴史は 1973年からと古く、Mott The Hoople や Alice Cooper、Lou Reed、Ziggy Stardust の頃の David Bowie などに影響されて結成されたとのこと。グラム・ロックからの影響ということで、あのメイクと衣装ということか。そして、Dee Snider か加入してから、Led Zeppelin、Black Sabbath、Judas Priest に AC/DC の曲を演奏するようになり、彼らのオリジナルも作るようになった、と。ん!? グラム・ロックに大英帝国重厚ロックの影響、って Def Leppard と同じではないか。Twisted Sister も Def Leppard もルーツは同じ、ということ。
ロックの世界も奥が深い。

コメント

  1. すりぴへ より:

    ディーさん!
    久しぶりに写真みましタ。変わった容姿といでたちだなあという第一印象でしたが、曲を聴いて良い意味で裏切られたのを覚えています。
    そうなんですか!LEPPSとルーツは同じ。
    いやぁ再度聞きなおしたくなってきました。
    アルバム買って来ます♪

  2. スリピヘさん、いつもコメントありがとうございます。グラム・ロック+HR/HM を基調として、ニューヨークで活躍したド派手バンドが Twisted Sister、ロンドンで活躍した美形バンドが Girl と考えると、より分かりやすいかもしれません。(Phil は Girl → Def Leppard なので、この線でも話が繋がりますね。)
    こうやってルーツを見ると、グラム・ロックにも影響を受けた Def Leppard が、メイクしなかったのが不思議にもなります。若い時は美形揃いと言われていたのに。(もう少し痩せて下さい、牛さん。)

タイトルとURLをコピーしました