HYSTERIA (紙ジャケット仕様) / Def Leppard

ヒステリア(紙ジャケット仕様)
ヒステリア(紙ジャケット仕様)(アマゾンに画像が無かった)。
2008年4月30日発売予定。


一体、何種類目の HYSTERIA の CD になるのだろう?
現在販売されている物でも、通常盤に加え
ヒステリア+15<デラックス・エディション>
ヒステリア+15<デラックス・エディション data-recalc-dims=” border=”0″ />
ヒステリア [でかジャケCD]
ヒステリア [でかジャケCD]
がある。遥か昔にはピクチャー盤やら、デジパック仕様やら、西ドイツ盤+大型帯やらもあったわけで、通常盤のカタログ番号違いを含めると、10種類以上存在するのではないだろうか。
今回は紙ジャケット仕様でディスクが高音質 SHM-CD仕様での発売。聞き慣れない高音質 SHM-CD仕様とは、ユニバーサル ミュージックと日本ビクターが共同開発した、新素材による高音質 CD (Super High Material CD)だそうな。
そして HYSTERIA だけでなく、
オン・スルー・ザ・ナイト(紙ジャケット仕様)
オン・スルー・ザ・ナイト(紙ジャケット仕様)
ハイ・アンド・ドライ(紙ジャケット仕様)
ハイ・アンド・ドライ(紙ジャケット仕様)
炎のターゲット(紙ジャケット仕様)
炎のターゲット(紙ジャケット仕様)
アドレナライズ(紙ジャケット仕様)
アドレナライズ(紙ジャケット仕様)
と計5タイトルが一度にリリースされる。
思わず全て注文したではないか。(2800円×5、あー頭痛い)。
同じなら、海外ではレコードも発売された
レトロ・アクティヴ
レトロ・アクティヴ
デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ
デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ
デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ
スラング
スラング
も紙ジャケット仕様にすれば良かったのに。(ADRENALIZE までのアルバムに比べて見劣りするのは否めないから、紙ジャケット化は難しいか)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました